コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武庫 ブコ

世界大百科事典 第2版の解説

むこ【武庫】

摂津国武庫郡内の地名。武庫郡は現兵庫県西宮市にあたり,その東部を武庫川が流れ,河口には古代に武庫泊(むこのとまり)が営まれていた。大阪湾をはさんで難波津の対岸にあたるので〈向こう〉が武庫の語源であるといい,また神功皇后が兵具をおさめたことから名が起こったともいわれる。武庫川は上流杣山(そまやま)から木材を伐採して流すのに利用され,郡内にある広田神社は山手(入山料)と率分(そつぶん)(武庫川の関料)を徴収していたが,上流の開発が進むに従いこの徴収が困難となり,11世紀には神人(じにん)と近辺住人との間に相論が頻発している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶこ【武庫】

武器を納める倉。兵庫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武庫
むこ

兵庫県南部、旧摂津(せっつ)国南西部にあたり、『和名抄(わみょうしょう)』の武庫郡武庫郷の地。難波(なにわ)の地の向かい側一帯をさし、武庫川流域の尼崎(あまがさき)市、西宮(にしのみや)市の大阪湾に沿う地。『日本書紀』の神功(じんぐう)皇后の条にみえる「務古水門(むこのみなと)」はこの地の港であり、また『万葉集』には「たまはやす武庫(むこ)のわたりに天づたふ日の暮行けば家をしぞ思ふ」などの歌がある。『西摂大観(せいせつたいかん)』(1871編)には、「武庫海」は、東は尼崎へんより西は大輪田(おおわだ)(神戸市)に至る一帯の海をさすとしている。明治以前は良質の米の産地であり、また西宮を中心にわが国屈指の酒造地として知られる。[藤岡ひろ子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武庫の関連キーワード兵庫県尼崎市武庫之荘本町武庫一寸ソラマメ須磨離宮公園兵庫県三田市日下部土方武田尾温泉尼崎[市]千苅貯水池羽ぐくもる山邑太三郎丹南〈町〉六甲山地毛利重能大輪田泊くぐもる武庫一寸生田神社日峰宗舜水野草坡山本晃紹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武庫の関連情報