コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武林唯七 たけばやし ただしち

2件 の用語解説(武林唯七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武林唯七 たけばやし-ただしち

1672-1703 江戸時代前期の武士。
寛文12年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士ひとり。先祖は文禄(ぶんろく)の役で捕虜となった明(みん)(中国)の孟二寛ともいわれる。藩主浅野長矩(ながのり)に中小姓としてつかえ,浅野家改易(かいえき)後は大石良雄にしたがって吉良義央(きら-よしなか)を討ち,元禄(げんろく)16年2月4日切腹した。32歳。名は隆重。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武林唯七

没年:元禄16.2.4(1703.3.20)
生年:寛文12(1672)
江戸前期の武士。赤穂四十七士のひとり。名は隆重。先祖は中国,武林の人で,豊臣秀吉の朝鮮出兵の際,明の援軍の一員として従軍,捕らえられて日本にきたという。播磨国(兵庫県)赤穂浅野家の長矩に仕えて中小姓,近習を務め,長矩の刃傷沙汰で浅野家が断絶すると,母のたっての希望もあって大石良雄らと盟約を結び,渡辺七郎右衛門と名を変えて仇敵吉良義央の動静を窺い,吉良邸討ち入り(1702)には義央を討ち果たす功を挙げた。その後毛利綱元邸にお預けの身となり,同志共々切腹した。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武林唯七の関連キーワード四十七士奥田貞右衛門茅野和助菅谷半之丞杉野十平次近松勘六間新六前原伊助村松喜兵衛村松三太夫