コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田元明 たけだ もとあき

2件 の用語解説(武田元明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田元明 たけだ-もとあき

1552-1582 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)21年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)の守護武田義統(よしむね)の子。永禄(えいろく)10年家督をつぐが勢威はなく,翌年若狭に侵攻した朝倉氏の庇護(ひご)下にはいる。朝倉氏滅亡後は織田信長にしたがう。天正(てんしょう)10年本能寺の変明智光秀に味方したため7月19日自殺させられた。31歳。妻竜子は豊臣秀吉の側室松丸殿となる。通称は孫八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田元明

没年:天正10.7.19(1582.8.17)
生年:天文21(1552)
若狭(福井県)の戦国大名。義統と将軍足利義晴の娘の子。通称孫八郎。永禄10(1567)年,父の死により家督を継ぐ。当時の武田氏はすでに大名としての権勢を失っており,翌年若狭に侵攻してきた朝倉氏によって越前(福井県)に連れ去られ,武田氏の若狭支配は終わった。天正1(1573)年朝倉氏の滅亡後,若狭に帰り神宮寺(小浜市)に住んだが,同9年高浜城(高浜町)の逸見昌経(武田旧臣)が没すると,同じく武田旧臣の粟屋勝久らの運動で昌経の遺領のうち3000石を織田信長から給与された。しかし,翌年の本能寺の変で明智光秀にくみしたため,近江海津(滋賀県マキノ町)で自害させられた。妻竜子は豊臣秀吉の側室(松丸殿)となった。<参考文献>『小浜市史/通史編』上

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田元明の関連キーワード戦国大名今川若狭朝倉孝景(2)観雲慈音魏天吉良義信曾我元助武田義統細川政賢

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone