武田豊信(読み)たけだ とよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田豊信 たけだ-とよのぶ

?-1590 織豊時代の武将。
武田信玄の3男。上総(かずさ)(千葉県)庁南城主をつぎ里見氏に属する。永禄(えいろく)7年の第2次国府台(こうのだい)の戦いでは里見義弘にしたがって北条氏とたたかったが敗退。天正(てんしょう)18年豊臣秀吉の小田原攻めの際,徳川方の武将本多忠勝に庁南城をせめられ,同年7月7日自殺した。通称は兵部大輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android