武藤一羊(読み)むとう いちよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤一羊 むとう-いちよう

1931- 昭和後期-平成時代の政治評論家。
昭和6年9月14日生まれ。武藤富男の子。昭和27年東大を学生運動で退学となる。原水協国際部などに勤務。40年ベ平連に参加。48年アジア太平洋資料センターを設立し,代表。反戦,反体制論客として国際的に知られる。東京出身。著作に「支配的構造の批判」「政治的創造力の復権」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android