コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歪/飯櫃 イビツ

デジタル大辞泉の解説

い‐びつ【×歪/×櫃】

[名・形動]《「いいびつ(飯櫃)」の音変化》
《飯櫃が楕円形であったところから》
㋐物の形がゆがんでいること。また、そのさま。「箱が―になる」
㋑物事の状態が正常でないこと。また、そのさま。「―な社会」「人間関係が―になる」

㋐「飯櫃(いいびつ)」に同じ。〈日葡
㋑楕円形。小判形。いびつなり。
「―なる面桶(めんつ)にはさむ火打ち鎌/惟然」〈続猿蓑
㋒金貨・銀貨などの小判。いびつなり。
「五三桐九分づつ―六十目」〈洒・知恵鑑〉

わい【歪】[漢字項目]

[音]ワイ(漢) [訓]ゆがむ ひずむ いびつ
曲がって正しくない。ゆがむ。「歪曲歪力

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

物体に外力を加えたときに現れる形状や体積の変化または物体の粒子の相対的位置の変化.変形ともいう.形状の変化を捩れ(distortion)といい,体積変化をdilationという.dilationはdilatationと同じで,dilatationは膨張,拡張の意味であるが,この場合に正の体積変化を膨張(expansion)といい,負の体積変化を収縮(contraction)というので,dilation, dilatationのいずれも体積変化とした方がよい.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いがみ【歪】

心が曲がっていること。また、その者。悪漢。 「 -の物とる大盗人/浄瑠璃・新版歌祭文」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報