歳末(読み)サイマツ

  • さいまち

大辞林 第三版の解説

年の暮れ。年末。歳暮。歳晩。 -大売出し [季] 冬。 -や人を待たせて人を待つ /井手麒之

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「さいまつ(歳末)」の変化した語。
※御湯殿上日記‐文明一二年(1480)一二月二四日「さいまちの御れいとも御申あり」
〘名〙
① 年のすえ。年のくれ。年末。歳暮(さいぼ・せいぼ)。歳晩。《季・冬》
※御堂関白記‐寛弘四年(1007)一二月一四日「例歳末読経初」
※平治(1220頃か)上「年はすでに暮れなんとすれ共歳末・年始の営みにも及ばず」 〔後漢書‐王允伝〕
② 年末の挨拶。また、それに伴う贈り物。
※大山寺本曾我物語(南北朝頃)四「さいまつとて、おやしんるゐの方よりとて、めんめんにおとづれどもあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歳末の関連情報