コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節季 セッキ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐き【節季】

の終わりの意から》
年末。歳末。 冬》
盆や年末、または節句前の、掛け売買決算期

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せっき【節季】

季節の終わり。時節の終わり。時節。
年の暮れ。年末。歳末。12月。 [季] 冬。
勘定の締めくくりをする時期。普通、盆と暮れの二回。 「 -に帳かたげた男の顔を見ぬを嬉しや/浮世草子・永代蔵 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

節季の関連キーワード器・既・祈・亀・企・冀・几・危・喜・器・基・奇・姫・嬉・季・寄・岐・己・希・帰・幾・徽・忌・悸・愧・揮・旗・既・期・机・棄・棋・機・歸・毀・毅・気・氣・汽・畿・癸・祈・稀・窺・紀・綺・羈・肌・規・記・詭・貴・起・跪・軌・輝・飢・饑・騎・騏・驥・鬼・麾節季仕舞い・節季仕舞年の市(歳の市)千宗室(16代)盆仕舞い・盆仕舞付きとも無いせびらかす蓮の葉商ひ煮え返る手が悪い伸び縮み節季仕舞浮世草子仕舞ひ金盆仕舞ひ日本民謡山科家大道芸判じ物遊行人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節季の関連情報