歴史的城壁都市クエンカ(読み)れきしてきじょうへきとしクエンカ

世界遺産詳解の解説

1996年に登録されたスペインの世界遺産(文化遺産)。クエンカは、首都マドリードの南東に位置するカスティーリャ=ラ・マンチャ自治州クエンカ県の県都。断崖の上に築かれ、宙に浮いているように見えることから「魔法をかけられた町」という愛称がつけられている。城塞に囲まれた歴史的な遺構が多数残る古都で、もともとはムーア人(北西アフリカのイスラム教徒でイベリア半島に進出・定着したアラブ人、ベルベル人)によってコルドバの防衛基地として建設されたところである。町の名前は廃墟となったアラブ人の城「クンカ」に由来するともいわれている。ゴシック様式の大聖堂のほか、ウエカル川を見下ろす断崖の上に建てられ、断崖絶壁の上にせり出して見える「宙づりの家」などの歴史的な建造物が有名。また、フカル川とウエカル川に挟まれた断崖の頂に立地する特殊な地形により、ほかに類をみない独特な景観を形成することになった。◇英名はHistoric Walled Town of Cuenca

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android