コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死に損なう シニソコナウ

デジタル大辞泉の解説

しに‐そこな・う〔‐そこなふ〕【死に損なう】

[動ワ五(ハ四)]
死ぬべきときに死なないで生き残る。死のうとして死ねないでいる。「―・って生き恥をさらす」
危うく死にかける。「交通事故で―・う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しにそこなう【死に損なう】

( 動五[四] )
もうすこしで死ぬような目に遭う。 「車にはねられて、-・った」
死ぬべき場で死を逃す。死のうとしたが、死ねずにいる。 「身投げをして、-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

死に損なうの関連キーワードくたばりぞこないくたばり損ない身投げ生き恥

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android