コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死亡時画像診断 シボウジガゾウシンダン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死亡時画像診断
しぼうじがぞうしんだん

遺体の組織や臓器の病変について、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)で得られる画像を用いて病理的な診断を行うこと、また外傷などによる骨折や出血の状況を画像によって調べ死因を特定もしくは推定すること。オートプシー・イメージングautopsy imagingともいい、Aiと略す。オートプシーは解剖の意味で、これにイメージング(画像診断)を組み合わせた造語で、世界各国でこの診断法の導入が検討されている。病院で患者が傷病によって死亡した際の死亡診断書や、救急医療の現場で外見からは判断できないが外因死が疑われる場合などに発行する死体検案書を、できる限り正確に作成する目的で行われることも多くなっている。Aiが多く用いられるようになった背景には、監察医制度の整備が十分でなく、また遺族から遺体解剖の承認が得られないことが多いという日本特有の事情もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

死亡時画像診断の関連キーワードAI

死亡時画像診断の関連情報