コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殆し/幾し ホトホトシ

デジタル大辞泉の解説

ほとほと・し【×殆し/幾し】

[形シク]
ほとんどそうなるところである。
「漕げども漕げどもしりへ退(しぞ)きに退きて―・しく打ちはめつべし」〈土佐
もう少しで死ぬところである。
「小さくて病して―・しかりけるに」〈宇津保・藤原の君〉
危険が迫っている。
「乱り心地いと堪へがたうて、まかでむ空も―・しうこそ侍りぬべけれ」〈・藤裏葉〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

殆し/幾しの関連キーワード乱り心地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android