止まる/留まる/停まる(読み)トドマル

デジタル大辞泉の解説

とどま・る【止まる/留まる/停まる】

[動ラ五(四)]
進行していたものが停止する。立ちどまる。「―・ることなく水が流れる」
「車は…家の入口に―・りぬ」〈鴎外舞姫
同じところ・地位にそのままいて動かないでいる。「現職に―・る」「首位に―・る」
滞在する。「当地には、一〇日―・る予定」
行かないで、あとに残る。「現地に―・って指導にあたる」「責任者は本部に―・る」
その範囲・限度を越えないでいる。「期待されたが、平凡な記録に―・った」「問題点を指摘するに―・る」
中止になる。
「まうのぼり給ふことも―・り」〈大鏡・兼通〉
しとめられる。
「鹿(しし)は少しもはたらかず、二つの矢にてぞ―・りける」〈曽我・八〉
最上である。それが一番すぐれている。
「狂歌といふものはおそらく江戸に―・ったね」〈滑・浮世風呂・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまる【止まる】

( 動五[四] )
やんだ状態になる意の俗な言い方。やむ。 「道楽が-・らない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android