コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残賊 ザンゾク

デジタル大辞泉の解説

ざん‐ぞく【残賊】

[名](スル)
人や世間に害を与えること。また、その人。
「天下のために―を除かんではならぬ」〈鴎外大塩平八郎
討ちもらされた賊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんぞく【残賊】

( 名 ) スル
傷つけたり殺したりすること。そこなうこと。 「日本未来の人文啓発を-すると同一般/日本風景論 重昂
討伐を免れた賊。余賊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

残賊の関連キーワード俗・属・屬・族・粟・続・續・賊日本風景論広橋兼勝蠹害重昂

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android