賊徒(読み)ゾクト

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ぬすびとの仲間。賊党。賊衆。
※歌舞伎・青砥稿花紅彩画(白浪五人男)(1862)四幕「六十余州に隠れのねえ賊徒(ゾクト)の首領日本駄右衛門」
② 反逆者の仲間。時の政府、朝廷に敵対する者たち。賊党。
※家伝(760頃)上「賊党高向国押謂漢直等曰〈略〉言畢奔走、賊徒亦散」
※平家(13C前)一「次に平治元年十二月、信頼卿が謀叛の時、御方にて賊徒をうちたいらげ、勲功一にあらず」 〔因話録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android