コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿上日記 てんじょうにっき

世界大百科事典 第2版の解説

てんじょうにっき【殿上日記】

清涼殿の殿上の間に候する蔵人が記録する職務日記。当番を組んで執筆したので番記ともいう。養老職員令や《延喜式》には,内記が〈御所記録〉のことをつかさどると規定しているが,いまわずかに遺文の伝存する内記日記は,この規定に由来するものであろう。しかし平安時代に入って蔵人が設置されるに及び,蔵人の記録する殿上日記がしだいに内記日記にとって代わるようになった。《侍中群要》に引く蔵人式には,宇多天皇の勅命として〈当番の記事は,大小となく慎みて遺脱するなかれ〉と見え,さらに〈日記体〉としてその体例を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の殿上日記の言及

【日記】より

…公日記の古い遺文としては,上記の延暦の外記別日記のほか,《柱史抄》に引く886年(仁和2)の内記日記などがあるが,それらはみな断片的な逸文ないし取意文にすぎない。平安時代の公日記のうち,一応まとまった記文を伝えるのは,外記日記と殿上日記であるが,前者は地下(じげ)ないし外廷の日記,後者は殿上ないし内廷の日記として,両者相補う性質をもっている。外記日記は,太政官の外記が職務として記録した公日記で,上記の延暦の別記や《続日本後紀》に引載する840年(承和7)の外記日記の断片はその遺文の早いものである。…

※「殿上日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

殿上日記の関連キーワード人形(にんぎょう)御湯殿上日記京都東山文庫後奈良天皇後柏原天皇震い付くさせますちくちく行き触れ黒木御所是沢恭三御昼成る御湯殿上ややこ踊清涼殿かい巻大頭流湯掛け茅の輪さ文字

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android