コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿上淵酔 てんじょうえんずい

1件 の用語解説(殿上淵酔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんじょうえんずい【殿上淵酔】

正月や五節の大礼などのあと,清涼殿の殿上に天皇が出席し,蔵人頭以下の殿上人が内々に行う酒宴。正月の場合は2日,3日中の吉日を選んで行われた。《建武年中行事》などによれば蔵人頭以下が台盤に着し,六位蔵人の献杯につづいて朗詠,今様,万歳楽があったのち装束の紐をとき,上着の片袖をぬぐ肩脱ぎ(袒褐)となる。ついで六位の人々が立ち並び袖をひるがえして舞い,拍子をとってはやす乱舞となる。天皇は殿上の半蔀(はじとみ)のあたり,または年中行事障子の辺の倚子にかけて見る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

殿上淵酔の関連キーワード殿上人御前の試み上の戸御倚子後涼殿下侍殿上の間日給上の候淵酔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone