コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半蔀 ハジトミ

デジタル大辞泉の解説

は‐じとみ【×蔀】

分を外側へ吊(つ)り上げるようにし、下半分をはめ込みとした蔀戸(しとみど)
[補説]曲名別項。→半蔀

はじとみ【半蔀】[謡曲]

《「はしとみ」とも》謡曲三番目物。内藤藤左衛門作。紫野(むらさきの)雲林院の僧が五条辺りを訪ねると、夕顔のからまる半蔀を押し上げて女が現れ、光源氏夕顔の上のことなどを語る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はじとみ【半蔀】

能の曲名。三番目物。鬘物(かつらもの)。流派により〈はしとみ〉とも読む。内藤某作か。シテは夕顔上(ゆうがおのうえ)の。京都の紫野に住む僧(ワキ)が花供養をしていると,若い女(前ジテ)が来て夕顔の花を捧げて消え失せる。僧がその言葉に従って五条あたりに赴くと,半蔀戸を下ろした小さな家から夕顔上の霊(後ジテ)が昔の姿で現れる。霊は,光源氏と結ばれたおりのことを物語り(〈クセ〉),舞を舞い(〈序ノ舞〉),明け方が近づくとまた半戸の奥に消えて行く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はじとみ【半蔀】

蔀戸を上下二枚に分け、上半分を外側にはね上げて垂木から吊るようにしたもの。

はじとみ【半蔀】

能の一。三番目物。源氏物語を素材にした作品。雲林院の僧が、立花供養で夕顔の花を捧げる女の言葉により五条辺りへ行くと、半蔀より夕顔の上の霊が現れ、源氏の君との昔を語って舞う。「夕顔」と同工異曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半蔀
はしとみ

能の曲目。三番目物。五流現行曲。作者は内藤藤左衛門(とうざえもん)。「はじとみ」ともいう。『源氏物語』の「夕顔」の巻による。世阿弥(ぜあみ)の作品に『夕顔』があり、物の怪(け)に命をとられる暗い主題であるのに対し、『半蔀』は、つかのまではあるが光源氏との恋を得た喜びをあの世からいとおしみ続ける女性像を描く。小品の能だが叙情的な佳作。京都紫野(むらさきの)、雲林院(うんりんいん)の僧(ワキ)が夏の修行の間に仏に供えた花の供養をしていると、1人の女性(前シテ)が白い夕顔の花を捧(ささ)げ、「五条わたり」の者と告げて消える。五条あたりを訪ねた僧が、『源氏物語』の昔をしのんでいると、夕顔の絡まる半蔀戸を押し上げて女(後シテ)が現れ、夕闇(ゆうやみ)に白く浮かぶ花が縁で光源氏と結ばれたことを語り、美しく慕情を舞うが、明け方とともにその姿は消え、僧の夢は覚める。花の精と夕顔の女の二重映しの効果もみごとである。半蔀屋の作り物も印象的で、前段に実際の立花(りっか)を出す特別な演出もある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の半蔀の言及

【蔀戸】より

…たとえば平安末期の平清盛の六波羅泉殿寝殿では南面を格子とし,北面には蔀を使用していた。柱間全部を1枚の蔀とする場合もあるが,重すぎて開閉が困難なので,上下2枚に分けて〈半蔀(はじとみ)〉とするのが普通だった。これは上半分(上蔀)を長押から釣り下げ,あける時ははねあげて先端を垂木から下げられた金具にかけ,下半分(下蔀)は柱に打ちつけられた寄(よせ)に掛金でとめておき,あるいは取りはずして柱間全部をあけはなつこともできた。…

※「半蔀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半蔀の関連キーワード豊嶋 弥左衛門茶道/茶事用語閉ざす・鎖す山本孝(2)戸(建具)押し出づ同工異曲増田正造殿上淵酔揚げ簀戸挿頭す雀色時半蔀車小半蔀牛車垂木

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半蔀の関連情報