殿村茂済(読み)とのむら しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「殿村茂済」の解説

殿村茂済 とのむら-しげまさ

1795-1870 江戸時代後期の商人,歌人。
寛政7年9月10日生まれ。大坂両替商。分家から本家の6代目をつぎ,十人両替となる。村田春門(はるかど),加藤敦善(あつよし)らに和歌をまなび,大隈言道(おおくま-ことみち)らとも交わりがあった。明治3年7月7日死去。76歳。幼名は磯次郎。(あざな)は原明。通称米屋平右衛門,伊三右衛門。号は草垣内。編著に「類題三家和歌集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android