コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宮院 おおみやいん

4件 の用語解説(大宮院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宮院
おおみやいん

[生]嘉禄1(1225).京都
[没]正応5(1292).9.9. 京都
後嵯峨天皇の中宮。名はきっ子。父は太政大臣西園寺実氏,母はその室准三宮貞子。仁治3 (1242) 年入内女御,同年立后中宮職につく。宝治2 (48) 年院号定めがあり大宮院と称する。文永9 (72) 年後嵯峨法皇が没して落飾。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大宮院 おおみやいん

1225-1292 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
嘉禄(かろく)元年生まれ。西園寺実氏(さねうじ)の長女。仁治(にんじ)3年女御として入内(じゅだい)し,中宮となる。後深草天皇,亀山天皇らを生む。宝治(ほうじ)2年院号をうける。文永9年天皇死去にともない出家した。正応(しょうおう)5年9月9日死去。68歳。名は姞子(きつし)。法名は遍智覚。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおみやいん【大宮院】

1225‐92(嘉禄1‐正応5)
後嵯峨天皇の皇后藤原姞子。太政大臣西園寺実氏の長女。母は四条隆衡の女,今林准后貞子。1242年(仁治3)入内し,ほどなく立后して中宮と称された。48年(宝治2)大宮院の院号宣下があり,その間,後深草・亀山両天皇をはじめ,4皇子2皇女を生んだが,72年(文永9)後嵯峨法皇の死にあい,その初七日忌に落飾,法名を遍智覚と称した。関東申次西園寺家の勢威を背景に,後深草以降4代の天皇の生母あるいは祖母として敬重されたが,正応5年9月9日68歳で没し,京都東郊南禅院に葬られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大宮院
おおみやいん
(1225―1292)

第88代後嵯峨(ごさが)天皇の中宮藤原(きっし)。法名遍智覚。西園寺実氏(さいおんじさねうじ)の第一女。母は四条貞子。後深草(ごふかくさ)・亀山(かめやま)天皇の母。1242年(仁治3)入内(じゅだい)して女御(にょうご)となり、ついで立后中宮職を付せられた。48年(宝治2)院号宣下、大宮院と称した。72年(文永9)後嵯峨上皇の崩御により落飾。上皇の崩御後、後深草上皇、亀山天皇兄弟がそれぞれの持分などに関し対立。困惑した鎌倉幕府は大宮院に諮(はか)り、上皇の遺詔としてこれを解決、こうしてついに亀山天皇の親政を実現させた。ここから大覚寺・持明院の両統迭立(てつりつ)へと発展していったのである。大宮院領として浄金剛院領など多くの荘園(しょうえん)があった。陵墓は京都市左京区南禅寺町の粟田(あわた)山陵。[小野信二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大宮院の言及

【風葉和歌集】より

…鎌倉時代の歌集。後嵯峨院の中宮で,後深草・亀山両天皇の生母であった皇太后藤原姞子(よしこ)(大宮院)の下命により,1271年(文永8)に成る。平安・鎌倉時代の作り物語から歌をえらび出し,勅撰集の部立にならって配列した歌集。…

【一条院】より

…大宮院とも称し,平安中期に一条天皇の里内裏となるに及んで脚光をあびた邸宅。大内裏の北東みちと大宮大路をはさんで東に位置し,東西に長く2町を占めていた。…

※「大宮院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大宮院の関連キーワード藤原実房三条実房ナーシル嘉禄三槐抄岡屋関白記陳朝青木ケ原樹海大館市内への観光客数嘉禄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大宮院の関連情報