毒鼓(読み)どっく

精選版 日本国語大辞典「毒鼓」の解説

どっ‐く ドク‥【毒鼓】

〘名〙 (「く」は「鼓」の呉音) 仏語を塗った鼓で、これを打つとその音を聞くすべてが死ぬという。性の教えや涅槃の教えは、聞く者すべてをその煩悩から脱却させるというたとえ。どっこ。「天鼓(てんく)」に対する。
※性霊集‐一〇(1079)答叡山澄法師求理趣釈経書「雖毒鼓之慈、広而无辺、而干将之誡、高而有淬」 〔法華玄義‐六下〕

どっ‐こ ドク‥【毒鼓】

※梵舜本沙石集(1283)二「不軽々衆生の如し。是を毒鼓(ドッコ)の縁といへり」

どく‐く【毒鼓】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「毒鼓」の解説

どっ‐く〔ドク‐〕【毒鼓】

仏語。毒を塗った太鼓。この音を聞く者はみな死ぬといい、仏の教えが聞く者の煩悩を滅することにたとえる。

どく‐く【毒鼓】

どっく(毒鼓)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android