コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比例配分 ヒレイハイブン

デジタル大辞泉の解説

ひれい‐はいぶん【比例配分】

ある量を、定められた比に分けること。按分(あんぶん)比例。
株式取引で、板寄せざら場売買が成立せず、値幅制限の上限(ストップ高)または下限ストップ安)で取引が終わって、売買注文数が極端に合わないときに取引所の取る処置の一。例えば、買い注文が極端に多く売り注文が少ないときに、売り注文数の分だけの売買を成立させ、各証券会社の注文数に比例して配分する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひれいはいぶん【比例配分】

あるものを、与えられた比あるいは連比に等しくなるように分けること。按分あんぶん比例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

比例配分の関連キーワード小選挙区比例代表連用制インドネシア国民協議会非拘束名簿式比例代表制ユニタリータックス参院選挙制度見直し国会の選挙制度改革イタリアの選挙制度消費生活協同組合勝者総取り方式自民党総裁選1人別枠方式多面体図法スピンオフプロラタ株式取引按分比例地図計測てんびん持ち分法九章算術

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比例配分の関連情報