コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比例配分 ヒレイハイブン

デジタル大辞泉の解説

ひれい‐はいぶん【比例配分】

ある量を、定められた比に分けること。按分(あんぶん)比例。
株式取引で、板寄せざら場で売買が成立せず、値幅制限の上限(ストップ高)または下限(ストップ安)で取引が終わって、売買注文数が極端に合わないときに取引所の取る処置の一。例えば、買い注文が極端に多く売り注文が少ないときに、売り注文数の分だけの売買を成立させ、各証券会社の注文数に比例して配分する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひれいはいぶん【比例配分】

あるものを、与えられた比あるいは連比に等しくなるように分けること。按分あんぶん比例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比例配分の関連情報