コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板寄せ イタヨセ

デジタル大辞泉の解説

いた‐よせ【板寄せ】

証券取引所などでの売買方法の一つ。寄り付き引けなどに行われる。その時までに出された売買注文をすべて同時になされたものとし、成行き注文を優先させ、次に指し値の安い売り注文と高い買い注文から順次付け合わせていき、単一の約定値段を成立させる。板寄せ方式。→ざら場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたよせ【板寄せ】

取引所で値段を決める際、売買注文を紙上(板)に記載させ、売りと買いの条件が一致したものに決める方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板寄せ
いたよせ

証券取引所で行われる競争売買の一つで、一般銘柄の始値(はじめね)(寄付きの約定値段)を決める際に用いられる。この名は、システム売買の完全移行により姿を消した才取(さいとり)会員(仲立会員)が始値決定以前の注文を注文控え(板)に整理して、売り・買いの同数量を複式の方法で組み合わせて処理することに由来する。すなわち、才取はすべての売買注文を「板」に記入したうえで、安い注文と高い注文とを順次付け合わせていき、全部の注文を満足させる単一の約定値段が決められる。数量が一致しない場合は切捨てによって数量を合致させる。始値が決められたのちは、「ザラ場」の商いに移る。板寄せは、このほか、終値(おわりね)、および「ザラ場」の商いが混乱して取引が中断されたあと、商いを再開する際などに行われる。システム売買の完全移行後も、板寄せはシステム管理されてはいるものの、現在も(1)売買立会の始値を定める場合、(2)特定の銘柄について売買が中断された場合の中断後最初の約定値段を定める場合、(3)売買立会終了時における終値を定める場合、および、(4)これらのほか、取引所が定めるところにより気配表示が行われているときの約定を定める場合などに用いることになっている。[桶田 篤・前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

板寄せの関連情報