コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘尼薩台巌 びにさつ たいごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毘尼薩台巌 びにさつ-たいごん

1829-1909 幕末-明治時代の僧。
文政12年生まれ。日蓮宗。京都深草瑞光(ずいこう)寺の住職。法要,儀式のためのハンドブックである「法華礼誦(らいじゅ)要文集」を編集した。香川景恒(かげつね)の門下で和歌もよくした。明治42年8月1日死去。81歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毘尼薩台巌の関連キーワード牧野省三ピウス8世ユゴー[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android