毘尼薩台巌(読み)びにさつ たいごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毘尼薩台巌 びにさつ-たいごん

1829-1909 幕末-明治時代の僧。
文政12年生まれ。日蓮宗。京都深草瑞光(ずいこう)寺の住職。法要,儀式のためのハンドブックである「法華礼誦(らいじゅ)要文集」を編集した。香川景恒(かげつね)の門下で和歌もよくした。明治42年8月1日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android