コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利秀頼 もうり ひでより

2件 の用語解説(毛利秀頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利秀頼 もうり-ひでより

?-1593 織豊時代の武将。
尾張(おわり)守護斯波(しば)氏の一族という。織田信長の家臣。天正(てんしょう)10年(1582)武田氏がほろびたあと,信濃(しなの)(長野県)飯田城主となる。本能寺の変後は豊臣秀吉にしたがい,18年ふたたび飯田に入封。文禄(ぶんろく)2年閏(うるう)9月17日死去。遺領は娘婿の京極高知(きょうごく-たかとも)がついだ。別名に長秀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利秀頼

没年:文禄2.閏9.17(1593.11.9)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。河内守。尾張森氏の出。斯波源氏の支流といわれる。織田信長に仕えて転戦し,重用される。天正10(1582)年の武田勝頼攻撃に際しては先鋒として信濃(長野県)の伊那を制圧し,飯田城(飯田市)の城将に任じられた。6月に信長が死ぬと,京都に帰り豊臣秀吉に属す。その後飯田城は徳川家康の勢力下に入り菅沼定利が守備に当たったが,同18年家康の関東移封に伴って去り,再び秀頼が飯田城主に任じられた。奥州に一揆が起こると徳川氏らと共に出陣し,文禄1(1592)年には豊臣秀吉から朝鮮出兵の命を受ける。肥前に駐屯して翌年帰還するが,間もなく病死した。<参考文献>『下伊那史』7巻

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利秀頼の関連キーワード道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門蜂須賀小六文禄横目付毛利新介

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone