毛沓(読み)ケグツ

デジタル大辞泉の解説

け‐ぐつ【毛×沓】

騎馬・狩猟用の毛皮製のくつ。鹿・猪(いのしし)などの毛皮で作った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けぐつ【毛沓】

鹿・猪などの皮で作った半靴のくつ。検非違使・武士などが馬にのる際に用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐ぐつ【毛沓】

〘名〙
① 毛皮製のくつ。
② 靴(かのくつ)の形状に似せて靴帯(かたい)をつけず、鹿、または猪の毛皮で作り、立挙(たてあげ)に靴氊(かせん)をめぐらした沓。
※江談抄(1111頃)五「広相着毛沓此処
③ 「つらぬき(貫)」の異名。
※歌舞伎・音駒山守達源氏(大仏供養)(1873)二幕「上手に源九郎義経、鎧陣羽織付太刀、采配を持ち毛沓(ケグツ)にて床几にかかり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android