毛益(読み)もうえき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛益
もうえき

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)時代の画院画家。崑山(こんざん)(江蘇(こうそ)省)の人。孝宗の乾道年間(1165~73)に画院待詔(たいしょう)となった。彼の名はとくにわが国で名高く、室町時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』では上の部に評価している。(れいもう)(小鳥や小動物)、花竹に巧みで、ことに(せんせん)(色のぼかし)に優れ、鳥を描けば鳴き出して飛び立つばかりに真に迫っていたという。伝承作品に『萱草遊狗図(けんそうゆうくず)』『蜀葵遊描図(しょくきゆうびょうず)』双幅(奈良・大和(やまと)文華館)がある。
 また12世紀の院体動物画の名品『猿図』(東京国立博物館)は毛益の父、毛松の作品と伝えている。子の毛允昇も花鳥画を描き、景定年間(1260~64)に画院待詔となっている。[星山晋也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android