コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛益 もうえき

2件 の用語解説(毛益の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

毛益【もうえき】

中国,南宋の画家。生没年不詳。乾道年間(1165年―1173年)画院の待詔を勤めた。花卉【れい】毛(かきれいもう)をよくし,特に鳥の描写は真に迫ったという。父の毛松も画家として知られ,その筆と伝える《猿猴(えんこう)図》が京都の曼殊院に伝存。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛益
もうえき

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)時代の画院画家。崑山(こんざん)(江蘇(こうそ)省)の人。孝宗の乾道年間(1165~73)に画院待詔(たいしょう)となった。彼の名はとくにわが国で名高く、室町時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』では上の部に評価している。(れいもう)(小鳥や小動物)、花竹に巧みで、ことに(せんせん)(色のぼかし)に優れ、鳥を描けば鳴き出して飛び立つばかりに真に迫っていたという。伝承作品に『萱草遊狗図(けんそうゆうくず)』『蜀葵遊描図(しょくきゆうびょうず)』双幅(奈良・大和(やまと)文華館)がある。
 また12世紀の院体動物画の名品『猿図』(東京国立博物館)は毛益の父、毛松の作品と伝えている。子の毛允昇も花鳥画を描き、景定年間(1260~64)に画院待詔となっている。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛益の関連キーワード王建章夏珪馬遠日観因陀羅尉遅乙僧石恪李迪李唐沈銓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone