コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛益 もうえき

百科事典マイペディアの解説

毛益【もうえき】

中国,南宋画家生没年不詳。乾道年間(1165年―1173年)画院待詔を勤めた。花卉【れい】毛(かきれいもう)をよくし,特に鳥の描写は真に迫ったという。父の毛松も画家として知られ,その筆と伝える《猿猴(えんこう)図》が京都の曼殊院伝存

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛益
もうえき

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)時代の画院画家。崑山(こんざん)(江蘇(こうそ)省)の人。孝宗の乾道年間(1165~73)に画院待詔(たいしょう)となった。彼の名はとくにわが国で名高く、室町時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』では上の部に評価している。(れいもう)(小鳥や小動物)、花竹に巧みで、ことに(せんせん)(色のぼかし)に優れ、鳥を描けば鳴き出して飛び立つばかりに真に迫っていたという。伝承作品に『萱草遊狗図(けんそうゆうくず)』『蜀葵遊描図(しょくきゆうびょうず)』双幅(奈良・大和(やまと)文華館)がある。
 また12世紀の院体動物画の名品『猿図』(東京国立博物館)は毛益の父、毛松の作品と伝えている。子の毛允昇も花鳥画を描き、景定年間(1260~64)に画院待詔となっている。[星山晋也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毛益の関連キーワード院体画李巌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android