コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崑山 コンザン

世界大百科事典 第2版の解説

こんざん【崑山 Kūn shān】

中国,江蘇省南東部の県。人口58万(1994)。上海と蘇州のほぼ中間にある。この付近は長江(揚子江)下流デルタにおいて,歴史時代には陸化がすすんでいた地域で,春秋時代には蘇州を都とした呉の領域に属し,前漢にすでに婁県(ろうけん)が設置された。デルタの先端部が開発されるとともに城鎮の設置もすすみ,南朝の梁代には蘇州の東方は北の信義県と南の崑山県に分かれた。崑山は今の松江県にある山の名である。唐代,さらに城鎮が増加するなかで,崑山の名はもとの婁県の地に移り,今に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

崑山の関連キーワード蒲池喜左衛門崑崙・崑崘鶏冠井令徳桂を折る出替はる池田是誰芳賀一晶中川喜雲中国演劇今井崑山徐乾学左良玉こんろ梁辰魚陳継儒周文謨崑山集帰有光顧炎武石璞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崑山の関連情報