コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫端 ゴウタン

デジタル大辞泉の解説

ごう‐たん〔ガウ‐〕【×毫端】

毛の先端。また、きわめて微細なもののたとえ。
筆のさき。
「―に泥を含んで双手に筆を運(めぐ)らし難き心地」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうたん【毫端】

筆のほさき。筆端。転じて、筆の運び。文や絵の勢い。
毛の先。きわめてわずかなもののたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毫端の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷たとえ筆端

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android