コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主国民連合[フィリピン] みんしゅこくみんれんごう[フィリピン]United Nationalist Democratic Organization; UNIDO

1件 の用語解説(民主国民連合[フィリピン]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民主国民連合[フィリピン]
みんしゅこくみんれんごう[フィリピン]
United Nationalist Democratic Organization; UNIDO

フィリピンで 1980年に結成された反マルコス派の政党連合体。 1982年にサルバドル・ラウレルを総裁に選出,1983年に UNIDOの在米顧問,ベニグノ・S.アキノが暗殺されたのをきっかけに反政府活動を活発化させていった。 1984年の総選挙では UNIDOを中心とした野党が大きく議席を伸ばした。 1986年の大統領選挙ではコラソン・C.アキノ大統領候補,ラウレルを副大統領候補に立てて勝利,アキノ政権が誕生した。しかしその後,党員の UNIDO離れが進み,勢力は衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

民主国民連合[フィリピン]の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA自動車工業ウォン恐怖映画朝鮮映画ローマ・クラブ妻倉和子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone