コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウレル Laurel, José Paciano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウレル
Laurel, José Paciano

[生]1891.3.9. 南ルソン
[没]1959.11.6. マニラ
フィリピンの政治家。 1915年フィリピン大学卒業,20年エール大学で学位取得。 25年フィリピン議会上院議員に選ばれ,内務長官,36年最高裁判事を経て,第2次世界大戦中,日本軍占領下でフィリピン大統領をつとめた (1943~45) 。戦後反逆罪に問われたが,48年大赦令で放免。 49年の大統領選挙に国民党候補として出馬,自由党の E.キリノに敗退。 51年上院議員,R.マグサイサイ大統領擁立に努力し,同大統領就任後,54年の対日賠償交渉団首席全権,55年には経済使節団を率い,対米経済関係改善のための協定交渉にのぞみ,ラウレル=ラングレー協定を締結。 57年引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラウレル

フィリピンの政治家。内務長官,上院議員,最高裁判事を歴任。第2次大戦中は対日協力政権の大統領。戦後大赦で対日協力の戦犯を免れ,1949年大統領選挙にナショナリスタ党から出馬。
→関連項目大東亜会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラウレル Laurel, Jose Paciano

1891-1959 フィリピンの政治家。
1891年3月9日生まれ。1919年アメリカのエール大に留学。帰国後,内務長官,上院議員,最高裁陪席判事などを歴任。第二次大戦の開戦で日本占領下のフィリピン行政委員会の委員となり,1943年日本軍により樹立されたフィリピン共和国の大統領となる。戦後,特赦により対日協力の罪を免じられ,のち上院議員。1959年11月6日死去。68歳。フィリピン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ラウレル【Jose Paciano Laurel】

1891‐1959
日本占領下のフィリピン共和国大統領。法学者。ライシアム大学創設者。ルソン島南部のバタンガス州タナウアン町出身。国立フィリピン大学で法学を修めた後,イェール大学の国費留学生として留学,法学博士の学位を得た。帰国後内務次官を経て32歳の若さで内務大臣となったが,総督L.ウッドの独裁的統治に抗議して辞職,いちやく民族主義者の名声をあげた。1925年に上院議員として政界入り。35年以降日本占領時までは最高裁判所陪席判事。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラウレル【Jose Paciano Laurel】

1891~1959) フィリピンの政治家。第二次大戦中、日本軍占領下に大統領就任。対米経済交渉や対日賠償交渉にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウレル
らうれる
Jose P. Laurel
(1891―1959)

フィリピンの政治家。ルソン島バタンガス州生まれ。1915年フィリピン大学、1920年アメリカのエール大学でそれぞれ法学を修める。1925年上院議員、1934年制憲議会議員を経て1936年最高裁判事。その反米姿勢が評価され日本軍政下の1943~1945年大統領に就任。1946年対敵協力者として訴追されたが、1948年恩赦を受けた。翌1949年大統領選に出馬し、キリノに敗れる。1954年日比賠償会議首席代表。1955年米比通商協定改定(ラウレル‐ラングレイ協定)に署名した。[黒柳米司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ラウレル

生年月日:1891年3月9日
フィリピンの政治家,大統領(1943〜45)
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ラウレルの関連キーワード民主国民連合[フィリピン]J.(Jr.) ラウレルJ.P. ラウレル大東亜共同宣言ベル通商法生年月日ロハス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラウレルの関連情報