コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウレル ラウレル Laurel, José Paciano

6件 の用語解説(ラウレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウレル
ラウレル
Laurel, José Paciano

[生]1891.3.9. 南ルソン
[没]1959.11.6. マニラ
フィリピンの政治家。 1915年フィリピン大学卒業,20年エール大学で学位取得。 25年フィリピン議会上院議員に選ばれ,内務長官,36年最高裁判事を経て,第2次世界大戦中,日本軍占領下でフィリピン大統領をつとめた (1943~45) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラウレル

フィリピンの政治家。内務長官,上院議員,最高裁判事を歴任。第2次大戦中は対日協力政権の大統領。戦後大赦で対日協力の戦犯を免れ,1949年大統領選挙ナショナリスタ党から出馬。
→関連項目大東亜会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラウレル Laurel, Jose Paciano

1891-1959 フィリピンの政治家。
1891年3月9日生まれ。1919年アメリカエール大に留学。帰国後,内務長官,上院議員,最高裁陪席判事などを歴任。第二次大戦の開戦で日本占領下のフィリピン行政委員会の委員となり,1943年日本軍により樹立されたフィリピン共和国の大統領となる。戦後,特赦により対日協力の罪を免じられ,のち上院議員。1959年11月6日死去。68歳。フィリピン大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ラウレル【Jose Paciano Laurel】

1891‐1959
日本占領下のフィリピン共和国大統領。法学者。ライシアム大学創設者。ルソン島南部のバタンガス州タナウアン町出身。国立フィリピン大学で法学を修めた後,イェール大学の国費留学生として留学,法学博士の学位を得た。帰国後内務次官を経て32歳の若さで内務大臣となったが,総督L.ウッドの独裁的統治に抗議して辞職,いちやく民族主義者の名声をあげた。1925年に上院議員として政界入り。35年以降日本占領時までは最高裁判所陪席判事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラウレル【Jose Paciano Laurel】

1891~1959) フィリピンの政治家。第二次大戦中、日本軍占領下に大統領就任。対米経済交渉や対日賠償交渉にあたった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウレル
らうれる
Jose P. Laurel
(1891―1959)

フィリピンの政治家。ルソン島バタンガス州生まれ。1915年フィリピン大学、1920年アメリカのエール大学でそれぞれ法学を修める。1925年上院議員、1934年制憲議会議員を経て1936年最高裁判事。その反米姿勢が評価され日本軍政下の1943~1945年大統領に就任。1946年対敵協力者として訴追されたが、1948年恩赦を受けた。翌1949年大統領選に出馬し、キリノに敗れる。1954年日比賠償会議首席代表。1955年米比通商協定改定(ラウレル‐ラングレイ協定)に署名した。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウレルの関連キーワードアキノガルシアフィリピンマカパガルフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン・ペソキリーノフィリピン大統領フィリピン共和国憲法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラウレルの関連情報