コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RCA アールシーエー RCA Corp.

5件 の用語解説(RCAの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RCA
アールシーエー
RCA Corp.

アメリカの弱電機メーカー。 1919年ゼネラル・エレクトリック GEによりラジオコーポレーション・オブ・アメリカとして設立され,技術開発パイオニア,D.サーノフが基礎を築く。 22年初めてラジオを世に送り,23年には白黒テレビを開発,26年に子会社NBCを設立して放送事業に進出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アール‐シー‐エー【RCA】[root certificate authority]

root certificate authority》⇒ルート認証局

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アールシーエー【RCA】

ルート認証局。◇「root certificate authority」の頭文字から。⇒ルート認証局

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アールシーエー【RCA】

エレクトロニクス,放送(NBC),レンタカー(ハーツHertz),国際通信など多部門に展開するアメリカの世界的大企業。本社ニューヨーク。同社は,ゼネラルエレクトリック社(GE)の理事であったO.D.ヤングが,政府の援助を受けて無線通信組織を統一するため,1919年10月にRadio Corporation of America(略称RCA)を設立したことに始まる。69年5月現社名RCA Corp.に改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RCA
あーるしーえー

アメリカの放送・通信産業の老舗(しにせ)企業。かつて強大な地位を誇ったが、1960年代の多角化を経て、1985年ゼネラル・エレクトリック(GE)に買収された。[奥村皓一]

創業から黄金時代へ

1919年10月にゼネラル・エレクトリックの出資によってラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカRadio Corp. of Americaがデラウェア州に設立され、同年11月にマルコーニ無線電信会社Marconi Wireless Telegraph Co.(放送通信の機器製造)の資産を吸収した。1926年、ラジオ放送局NBCを設立して放送事業に参入。1929年には破産の危機にあったビクター・トーキング・マシーンVictor Talking Machine Co.を買収してRCAビクターを発足させ、レコード産業にも進出した。以後、実質的に全米の商業ラジオ、テレビ放送、通信放送設備(技術開発・機械生産・運用)を支配するようになった。
 1933年、ニューディール政策の一環として、連邦政府の独占禁止法裁判の結果、RCAは親会社のGEから分離した。1930年代からはニューヨークのロックフェラー・センターの中心、ラジオ・シティ(RCAビル)に本社を移し、GEとともにアメリカ国民に広く親しまれてきた。第二次世界大戦においては、アメリカの情報戦略にも協力。戦後のカラーテレビ普及期には、テレビの本体製造と放送の両面で市場を席巻(せっけん)して、1950年代末に黄金時代を迎える。1965年に事業多角化に伴い、略称のRCAを正式名称とした。[奥村皓一]

事業拡大と多角化

1920年代から1970年代にかけて、RCAの生成・発展・成熟期に君臨してきた最高経営者はデビッド・サーノフDavid Sarnoff(1891―1971)であった。彼は戦時には中央政府に投資してRCAを国家協力企業体に発展させ、平時になるとラジオ、テレビ、ビデオ(VTR)、電子部品、放送設備、民生用エレクトロニクス、国際通信の発達に向けて積極的に投資をして事業を拡大した。サーノフはRCAの多角化路線にもレールを敷き、国防用電子製品や国際通信業務、政府向け各種システムから、レンタカー、リース事業や金融事業にまで手を広げた。とくに1980年の大手金融会社CITファイナンシャル(消費者、産業向け金融や生命・健康保険)の買収は有名である。
 RCAは1970年代、1980年代も高度技術を有する優良企業であり続けたが、国内のライバルとしてIBMやAT&Tが台頭していた。1950年代なかばに立ち上げられたRCAのコンピュータ部門は、1970年代初めにIBMとの競争に敗れて撤退。家電部門では日本の総合電機メーカーがアメリカ市場進出を開始していた。RCAは各種のハイテク分野をもちつつも、1960年代からの多角化戦略のもたらす相乗効果を企業活力に結び付けられなかったのである。[奥村皓一]

GEによる買収

その結果、1985年12月にRCAはGEに62億8000万ドルで買収されることとなった。これは、1980年代の合併・買収(M&A)ブームの最高峰を示すものであり、石油産業の合併を除けば史上最高の買収金額となった。1984年の『フォーチュン』誌ランキングでGEは製造業として8位、RCAは多角企業として2位の地位にあった。1933年にGEからRCAが分離されて以後、両社に資本関係はなかったが、1980年代から始まったアメリカ企業の国際競争力回復(とくに日本とドイツ企業への巻き返し)をねらって、モルガン系金融機関を仲介として合併交渉が行われた。
 GEは1970年代にエネルギー資源関連企業などの買収に乗り出していたが、1980年代にはこれらを売却し、その売却資金の投資先を求めていた。一方、RCAは傘下に放送事業(NBC、現NBCユニバーサル)をもっており、IBMやディズニーによる買収も取りざたされていた。そのような状勢のなかで、RCAはかつての親会社のGEとの一体化を選択したのである。両社合併は単なる関係復活や規模の利益を求めての総合化ではなく、航空・宇宙・情報通信・放送など成長性の高い分野での相互補完ないし相乗効果の意味をもっていた。
 おりしも1980年代は、メディア、アミューズメント、通信、コンピュータなどの巨大企業が業界の垣根を越えて合一を模索する時代であった。GEの経営力・資金力とRCAのハイテクをあわせれば、情報通信・メディア、金融サービスが融合する新ハイテク産業のリーダーとなりうる。アメリカの三大衛星メーカーの一つでもあったRCAはVAN(付加価値通信網)にも進出していた。放送部門のNBCはアメリカの主要テレビ・ネットワークの一つとして超一流の放送技術を有し、ニューメディアでもIBMやAT&Tにないソフトをもっていた。コンピュータと通信、放送の結合がもたらすネットワークの世界は超大型資本による新たな情報革命の時代を先取りしようというものであった。[奥村皓一]

家電部門の分離

合併から2年後の1987年、「世界市場でシェアが1位か2位の分野を除いて、ほかの事業部は売却する」というGEの会長ウェルチJohn Francis Welch(1935― )によるリストラクチャリング戦略に基づいて、放送部門(NBC)と宇宙衛星部門を残して、RCAの家電部門はGE家電部門ともどもフランス家電メーカーのトムソンThomsonに売却する交渉が開始され、1988年に売却が完了した。
 こうして多角企業RCAの各部門は、GEに吸収、あるいはトムソンなど他企業に売却された。[奥村皓一]
『ロバート・ソーベル著、鈴木主税訳『大企業の絶滅――経営責任者たちの敗北の歴史』(2001・ピアソン・エデュケーション) ▽Robert Sobel RCA(1986, Stein & Day)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のRCAの言及

【RKO映画[会社]】より

…アメリカの映画会社。1928年,ラジオ・パテント会社,ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(アールシーエー(RCA))が,数度にわたる吸収,合併,提携を経て,興行会社キース・アービー・オーフィアム(KAO)を傘下におさめ,製作・配給・興行部門をもつ映画企業体として設立した。RCAは,1905年にできたアメリカ最初の映画館といえる〈ニッケル・オデオン〉の経営者J.フリューラーが中心になって,12年に創立した配給会社ミューチュアルと,さらにその傘下にあった独立製作者群にまでさかのぼる複雑な社歴をもつ。…

※「RCA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

RCAの関連キーワード光エレクトロニクスパワーエレクトロニクスメディカルエレクトロニクスバイオエレクトロニクスカーエレクトロニクスクライオエレクトロニクス固体エレクトロニクス日経エレクトロニクス富士エレクトロニクスアイ・メットエレクトロニクス

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RCAの関連情報