コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主社会中道党 みんしゅしゃかいちゅうどうとうCentro Democrático y Social

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民主社会中道党
みんしゅしゃかいちゅうどうとう
Centro Democrático y Social

略称 CDS。スペインの政党で,民主中道連合 UCDの後身。 1977年6月,スペインで 41年ぶりに行われた民主的な上下両院選挙を前に社会民主主義諸党,キリスト教民主主義諸党など約 15もの中道政党が連合して結成された。ゆるやかな民主的改革路線を選択して両院で第1党になり引続きスアレス政権を樹立。 79年3月総選挙でも,過半数議席を確保できなかったものの,第1党の地位は維持した。その後経済政策をめぐって党内対立が発生し,81年1月スアレスは首相を辞任,それとともに離脱者が相次ぎ,スアレス元首相などの分派勢力が 82年総選挙を契機に民主社会中道党を結成,しかし選挙では惨敗した。 86年総選挙で第3党に躍進したが,91年の地方選挙では惨敗し,スアレスは責任をとって党首を辞任した。さらに 93年6月の総選挙では,議席を失うこととなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

民主社会中道党の関連キーワードスアレス(Adolfo Suárez González)スペイン社会労働党国民党[スペイン]スペイン共産党

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android