コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気取り キドリ

デジタル大辞泉の解説

き‐どり【気取り】

体裁をつくろうこと。もったいぶること。「気取りのない性格」
(現代語では多く接尾語的に用いる)そのものになったつもりで、それらしく振る舞うこと。「芸術家気取り」「夫婦気取り
「八人のそこつ者もいっぱし役者の―にて」〈滑・八笑人・四〉
気だて。性格。
「立居振舞ひ髪容(かみかたち)、第一―を大切とし」〈風来六部集・里のをだ巻評〉
趣向。工夫。
「屏風(びゃうぶ)の―はどうでごぜんす」〈洒・軽井茶話〉
ようす。感じ。
「まだどうか夢の覚めぬやうなお―ぢゃ」〈黄・見徳一炊夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きどり【気取り】

動作や表情を飾った様子。 「 -のない人」
そのものになったつもりで、それらしく振る舞うこと。現代語では多く、接尾語的に用いる。 「英雄-」 「夫婦-」 「助六の-でいなせえす/洒落本・伊賀越増補合羽之竜」
気持ち。気性。心構え。心遣い。 「立居振舞髪容かみかたち、第一-を大切とし/洒落本・里のをだ巻評」
工夫。趣向。 「おぬしが染めといふ-と見えた/咄本・聞上手」
様子。感じ。 「まだどうか夢のさめぬやうなお-ぢや/黄表紙・見徳一炊夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気取りの関連キーワードペイトン(Elizabeth Peyton)キング(B. B. King)featuring16自衛隊イラク派遣クールジャケット痴話る・癡話る江戸生艶気樺焼エアインテークフロントグリル反り身・反身ダンディズムエアスクープポピュリズムコングリーブスナップ写真カラカラ浴場国民栄誉賞散蒔き減税政治ショーネグリジェ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気取りの関連情報