コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気比斉晴 けひ なりはる

1件 の用語解説(気比斉晴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気比斉晴 けひ-なりはる

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
気比氏治(うじはる)の子。越前(えちぜん)(福井県)気比社の大宮司(だいぐうじ)。父とともに後醍醐(ごだいご)天皇の皇太子恒良(つねよし)親王らをむかえ,越前金崎城にこもって足利尊氏軍とたたかう。落城に際し,ひそかに恒良親王を脱出させたのち,建武(けんむ)4=延元2年3月6日父のあとを追って自害した。通称は太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

気比斉晴の関連キーワード尊良親王グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山シャルル勅撰作者部類新田義顕妙心寺阿蘇五岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone