コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気比斉晴 けひ なりはる

1件 の用語解説(気比斉晴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気比斉晴 けひ-なりはる

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
気比氏治(うじはる)の子。越前(えちぜん)(福井県)気比社の大宮司(だいぐうじ)。父とともに後醍醐(ごだいご)天皇の皇太子恒良(つねよし)親王らをむかえ,越前金崎城にこもって足利尊氏軍とたたかう。落城に際し,ひそかに恒良親王を脱出させたのち,建武(けんむ)4=延元2年3月6日父のあとを追って自害した。通称は太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

気比斉晴の関連キーワード伊賀兼長伊作宗久里見義氏高津長幸南部政行禰寝清種船田経政松浦定由良具滋由良光氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone