コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気比斉晴 けひ なりはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気比斉晴 けひ-なりはる

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
気比氏治(うじはる)の子。越前(えちぜん)(福井県)気比社の大宮司(だいぐうじ)。父とともに後醍醐(ごだいご)天皇の皇太子恒良(つねよし)親王らをむかえ,越前金崎城にこもって足利尊氏軍とたたかう。落城に際し,ひそかに恒良親王を脱出させたのち,建武(けんむ)4=延元2年3月6日父のあとを追って自害した。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

気比斉晴の関連キーワード南北朝時代山崎 朝雲山崎朝雲気比氏治

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android