コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象観測船 きしょうかんそくせんweather ship

翻訳|weather ship

世界大百科事典 第2版の解説

きしょうかんそくせん【気象観測船 weather ship】

海上の所要の位置で定められた方式によって気象観測を行い,その結果を通報する観測船。地球の表面の7割は海であり,天気の変化を知るためには海上における気象観測がたいせつである。そのため一般の商船や漁船などによっても海上の気象観測が行われているほか,気象観測専門の船を使用して観測を行っている。気象庁の啓風丸はその代表的なもので,一般の気象観測装置に加えて高層観測装置や気象レーダーも設置してあり,上空の風,気温,雨などの観測を行うことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象観測船
きしょうかんそくせん

海洋気象観測船」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象観測船
きしょうかんそくせん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気象観測船の関連キーワード漂流型海洋気象ブイロボット二酸化炭素観測海洋観測船定点観測特殊船

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android