コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水井精一 みずい せいいち

1件 の用語解説(水井精一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水井精一 みずい-せいいち

1840-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年7月17日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の足軽で義勇隊士。山本誠一郎らと上関(かみのせき)港で薩摩(さつま)の商船を検問,外国貿易品とみて船主大谷仲之進を殺し,荷をやいた。藩に災いがおよぶのをおそれ,元治(げんじ)元年2月26日大坂東本願寺別院前で切腹。25歳。名は通一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

水井精一の関連キーワード元治アヘン戦争久坂玄瑞アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流久坂玄瑞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone