水井精一(読み)みずい せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水井精一 みずい-せいいち

1840-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年7月17日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)の足軽で義勇隊士。山本誠一郎らと上関(かみのせき)薩摩(さつま)の商船検問,外国貿易品とみて船主大谷仲之進を殺し,をやいた。藩に災いがおよぶのをおそれ,元治(げんじ)元年2月26日大坂東本願寺別院前で切腹。25歳。名は通一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android