コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上関(読み)かみのせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上関
かみのせき

山口県南東部,長島東端にある上関町の中心集落。昔は竈戸関といったが,のち下関に対し,より京都に近いことから上関と呼ばれた。昔から瀬戸内海航路の要港で,中世,近世繁栄毛利氏江戸時代は上関宰判の勘場がおかれた。現在は小さな漁港だが,往時を偲ばせる家構え旧跡も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かみのせき【上関】

山口県南東部の町。室津半島先端部と長島・祝島・八島から成る。古くからの瀬戸内海航路の要港で、近世は長州藩の陣屋が置かれて繁栄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上関の関連情報