コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水利妨害罪 スイリボウガイザイ

3件 の用語解説(水利妨害罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいりぼうがい‐ざい〔スイリバウガイ‐〕【水利妨害罪】

堤防水門を破壊するなど、水利の妨害となるような行為をする罪。刑法第123条が禁じ、2年以下の懲役もしくは禁錮または20万円以下の罰金に処せられる。→出水危険罪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいりぼうがいざい【水利妨害罪】

堤防の決壊、水門の破壊、その他水利の妨害となる行為をなすことにより成立する罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水利妨害罪
すいりぼうがいざい

堤防を決壊させたり、水門を破壊したり、その他水利の妨害となるべき行為をする罪。刑法第123条は、水利妨害罪を2年以下の懲役もしくは禁錮または20万円以下の罰金に処し、また、堤防を決壊させたり、水門を破壊したり、その他出水させるべき行為を出水罪(出水危険罪)として、同様の刑に処している。水利妨害罪は、灌漑(かんがい)、水車、発電などの水を利用する権利(水利権)を侵害する罪であるのに対して、出水罪は出水(溢水(いっすい))の危険を生じさせる公共危険犯の一種であるから、両罪は罪質を異にするが、本条は、堤防を決壊させたり、水門を破壊するなど手段の共通性に着目して、あわせて規定している。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水利妨害罪の関連キーワード水門偶像破壊激発物破裂罪決水打壊す往来妨害及び同致死傷罪出水危険罪妨害罪自己破壊超音波処理

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone