コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水前寺もやし

デジタル大辞泉プラスの解説

水前寺もやし

熊本県熊本市で生産されるモヤシ。茎は純白で、子葉は黄色。一般のもやしの4~5倍ほどの35cm前後で収穫する。シャキシャキとして歯ざわりがよい。江戸時代から栽培されており、太く長い形状から長寿を願う縁起物として、正月の雑煮などに用いられる。熊本市により「ひご野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水前寺もやし[豆類]
すいぜんじもやし

九州・沖縄地方、熊本県地域ブランド
主に熊本水前寺地区で生産されている。古くから栽培され、江戸時代にはすでに名産品として地誌に記録されている。冬季でも温かい江津湖の湧水を利用し、大豆を大型のもやしとして生育したもの。正月の雑煮用であり、大晦日までの1週間弱のみ店頭に並ぶ。くまもとふるさと伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

水前寺もやしの関連キーワード熊本県熊本市

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android