コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江津湖 えづこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江津湖
えづこ

熊本県中部,熊本市南東部にある湖。面積 0.57km2。最大水深 2.6m。水前寺の水など託麻台地西麓の湧水を集めた湖。形はひょうたん形で上江津湖,下江津湖に分れる。江戸時代から藩主などの舟遊池となり,現在でも熊本市内唯一の水郷として市民に親しまれている。湖畔に水辺動植物園,天然記念物スイゼンジノリ発生地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えづ‐こ【江津湖】

熊本県中部、熊本市内の南東部にある、ひょうたん形をした湖。北側を上江津湖、南側を下江津湖という。面積約0.5平方キロメートル、周囲約6キロメートル。緑川水系の加勢川によって形成された河川膨張湖。名勝・史跡指定の水前寺公園は江津湖の上流で水源の一。一部は埋め立てられ動植物園になっている。国指定天然記念物スイゼンジノリの発生地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えづこ【江津湖】

熊本市の南東部,加勢川に注ぐ河川膨張湖。絵図湖,画図湖とも書く。上江津,下江津に分かれ,周囲約6km,面積約50ha,最深部で2.6mと浅い。湖水の多くは周辺台地の湧水水前寺公園からの流水で比較的澄んでおり,水生の動植物も豊富で,スイゼンジノリの発生地として天然記念物の指定を受けている。古くから市民の釣り,船遊びの場所として親しまれてきたが,最近湖周辺の都市化に伴う生活排水の流入などで水質の汚濁が問題となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江津湖
えづこ

熊本市街の南東にある湖。阿蘇(あそ)外輪山斜面から続く託麻原(たくまばる)台地崖(がい)下の白川氾濫(はんらん)原に広がる河川膨張湖で、上・下の二つに分かれている。面積約50ヘクタール。湖水は、背後の託麻原台地の自由地下水谷から主として、さらにその後の白水台地からも供給を受けている。水前寺(すいぜんじ)―江津湧水(ゆうすい)群、江津湖自噴帯などによってつねに豊かな水をたたえ、加勢(かせ)川の水源ともなっている。湖水の西に残る大名堤は熊本城の防衛線の一つとして、加藤清正(きよまさ)によって築き上げられたものである。湖畔には熊本市動植物園ほか行楽施設も整い、四季を通して市民の憩いの場となっている。国指定天然記念物スイゼンジノリの発生地。熊本交通センターからバス20分。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江津湖の関連キーワード熊本県熊本市中央区江津熊本県熊本市東区熊本市動植物園水前寺もやし水前寺海苔最大水深肥後台地熊本平野江戸時代中央区水郷藩主東区

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江津湖の関連情報