コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水圧鉄柱 すいあつてっちゅうhydraulic prop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水圧鉄柱
すいあつてっちゅう
hydraulic prop

主として長壁式採炭切羽 (→長壁式採炭法 ) で使用される支保の一種。上柱を伸ばし,支持力を与える機構に水圧を利用した鉄柱。本体 (上柱,下柱) のほかに,高圧ポンプ,建付けピストン,弁などの主要部から構成されている。立柱,抜柱の操作が簡単で,降縮荷重にばらつきが少く,特定の鉄柱に荷重が集中的にかかることがない。特性は降縮初荷重型で,天盤の荷重が降縮荷重に達すると,弁の作用によりその荷重を維持しながら降縮する。従来の摩擦鉄柱に代って近年広く用いられており,自走支保の鉄柱もこれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

水圧鉄柱の関連キーワード鉄柱[鉱山用]坑内支保

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android