コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水害予防組合 スイガイヨボウクミアイ

デジタル大辞泉の解説

すいがいよぼう‐くみあい〔スイガイヨバウくみあひ〕【水害予防組合】

堤防・水門の保護など水害の防御に関する事業を目的として、水害予防組合法に基づいて設立される公共組合。水害の予想される一定区域内の土地・家屋の所有者を組合員とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいがいよぼうくみあい【水害予防組合】

公共組合の一。水害が予想される一定区域に土地・家屋を有する者を組合員とし、堤防・水門の保護など水害防御に関する事業を行う。 → 水利組合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水害予防組合の関連キーワード亀田(新潟県)土地改良区水利組合公用負担水防法水防団

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android