水害予防組合(読み)すいがいよぼうくみあい

精選版 日本国語大辞典「水害予防組合」の解説

すいがいよぼう‐くみあい ‥ヨバウくみあひ【水害予防組合】

〘名〙 堤防水門などの保護による水害防御に関する事業のために、水害予防組合法に基づき設立する法人。水害が予想される一定地域内の土地・家屋および組合規約に指定する工作物の所有者を組合員として組織する。旧制では水利組合の一種。〔水利組合法(明治四一年)(1908)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水害予防組合」の解説

すいがいよぼう‐くみあい〔スイガイヨバウくみあひ〕【水害予防組合】

堤防・水門の保護など水害の防御に関する事業を目的として、水害予防組合法に基づいて設立される公共組合。水害の予想される一定区域内の土地・家屋の所有者を組合員とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android