コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水押し[油層・ガス層] みずおし[ゆそう・ガスそう]water drive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水押し[油層・ガス層]
みずおし[ゆそう・ガスそう]
water drive

貯留岩内の水のポテンシャルエネルギーにより,石油,ガスなどを坑井内に押出すこと。排油機構の分類の一つ。水押し型油層では油の底部,または端部に水が接し,採油に伴って油層の圧力をあまり減退させずに水が侵入して油を生産することができる。したがって,急激な圧力減退がなく,原油置換率がよく,その回収率も 30~60%に及ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android