水施餓鬼(読み)ミズセガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐せがき みづ‥【水施餓鬼】

〘名〙 水辺で行なう仏事。経木を水に流し、亡霊の成仏を祈るもの。特に難産で死んだ女性の霊を成仏させるため、小川のほとりに竹や板塔婆を立て、それに布を張って道行く人に水をかけてもらうもの。布の色があせるまで亡霊はうかばれないとする。流灌頂(ながれかんじょう)
※俳諧・山の井(1648)秋「されば水せがきして、火の車のたけきもうちけす心ばへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android