コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の車 ヒノクルマ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐くるま【火の車】

火車(かしゃ)」を訓読みにした語。
経済状態がきわめて苦しいこと。「家計は年中火の車だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのくるま【火の車】

〘仏〙「火車かしや」を訓読みした語。
家計のきわめて苦しいこと。経済状態が非常に苦しいこと。 「台所は-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火の車
ひのくるま

地獄にあって、火が燃えているという車。「火車(かしゃ)」の訓読み。獄卒が生前悪事を犯した亡者(もうじゃ)をこれに乗せ、責めたてながら地獄に運ぶようすは、地獄絵巻などに描かれて、生前の悪業を戒める説教に使われることが多い。転じて、地獄の鬼ならぬ債鬼に追い立てられ、日々借金地獄を味わう生活、また生計のやりくりに苦しむことを、例えて火の車という。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火の車の関連情報