コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施餓鬼 せがき

7件 の用語解説(施餓鬼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施餓鬼
せがき

仏教の儀式の一つで,餓鬼に施すために行われる法会。浄土真宗を除いて,ほとんど各宗で行われている。盂蘭盆会に祖先の霊を供養するために行われる場合が多い。禅宗では特に施餓鬼を重視し,生飯 (さば) の儀式を毎食前に行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せ‐がき【施餓鬼】

盂蘭盆(うらぼん)に寺などで、餓鬼道に落ちて飢餓に苦しむ無縁仏生類(しょうるい)のために催す読経・供養。施餓鬼会(え)。 秋》「蜩や山の―の日盛に/白秋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

施餓鬼【せがき】

施食会(せじきえ)とも。仏教で行う法会の一つ。餓鬼道におち飢餓に苦しむ者を救うため,水や食物を施す修法。阿難が焔口餓鬼に告げられて行ったのが始まりと伝える。中国では清浄な地に水や食物を投げて悪鬼を払う(水陸会)。
→関連項目餓鬼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

葬儀辞典の解説

施餓鬼

盂蘭盆にお寺などで、飢餓に苦しみ・災いをもたらす鬼や無縁の亡者に、読経・供物を施す法会。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

せがき【施餓鬼】

飢渇に苦しむ餓鬼のために,飲食を施す法会を施餓鬼会,略して施餓鬼という。施食(せじき)会とも冥陽(めいよう)会ともいう。中国では唐代に施餓鬼会に関する経典が訳出され,これらの経軌に基づいて法会が行われた。日本へは入唐僧によって経典と実修法がもたらされ,はじめは密教系の僧によって行われた。その後禅宗寺院でも実施され,鎌倉時代末期から諸宗間で行われた。現在でも真宗以外の各宗で広く修される。この法会は本来随時に修されたが,いつの時代からか,とくに盆に行うようになり,この施餓鬼の法会を指して盂蘭盆(うらぼん)会というようにさえなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せがき【施餓鬼】

餓鬼の世界におちて飢餓に苦しむ亡者に食物を供えて弔う法会。もともと時節を選ばずに行われたが、盂蘭盆会うらぼんえとともに行われることが多く、両者が混同されるようになった。真宗以外の各宗派で行われる。施餓鬼会せがきえ[季] 秋。 「 -棚」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

施餓鬼
せがき

悪道に堕(お)ちて飢えに苦しむ餓鬼に飲食物を施すこと。施餓鬼会(え)の略。水陸会(すいりくえ)ともいう。餓鬼はサンスクリット語プレータpretaの訳で、「死者」または「死者霊」を原義とし、のちには子孫が絶えて供養(くよう)がなされず、つねに飢餓に苦しむ亡霊の意味がある。仏教では吝貪(りんどん)で布施せぬ者が死後、餓鬼に生まれ、飢渇に苦しむとされ、彼らの住む餓鬼世界(餓鬼道)は六道輪廻(りんね)の一となった。中国では、飢餓に悩む鬼神や餓鬼に飲食を施す餓鬼供養の法会が発展し、また、『盂蘭盆経(うらぼんぎょう)』の目連(もくれん)救母伝説と合して、悪道に堕ちて苦しむ先祖供養のための法会ともされた。とくに唐代には多くの経軌(きょうき)が編纂(へんさん)され、日本にも空海らにより将来された。施餓鬼会は最初真言(しんごん)宗で、鎌倉期以降は浄土真宗を除く各派で行われるようになり、今日に至っている。各派で儀式の内容はいくぶん異なるが、いずれも新亡精霊の冥福(めいふく)と無縁仏(むえんぶつ)への追善供養の意味が重なっている。盂蘭盆会に付随して行われることが多いが、本来は随時に行いうるものである。水死者やお産で亡くなった人のための川施餓鬼、水施餓鬼もある。[奈良康明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の施餓鬼の言及

【盂蘭盆会】より

…のち朝廷の恒例仏事となり,諸大寺でも行われ,しだいに民間の各寺院へ普及した。平安時代になると,空海など渡唐僧によって施餓鬼(せがき)の法が伝えられ,鎌倉時代にはこれが諸宗派に取り入れられ,室町時代には施餓鬼会が盛んに行われた。本来,盂蘭盆会と施餓鬼会は別種の法会であるが,餓鬼無縁仏とが同じ意味で理解されるようになり,盆中または盆の前後に施餓鬼会が行われるようになった。…

※「施餓鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

施餓鬼の関連キーワード餓鬼有財餓鬼餓鬼道餓鬼の断食餓鬼の飯餓鬼の目に水見えず餓鬼の物をびんずる餓鬼病み苦寒策を施す

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

施餓鬼の関連情報