コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水村美苗 みずむら みなえ

1件 の用語解説(水村美苗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水村美苗 みずむら-みなえ

1951- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和26年生まれ。12歳で渡米。エール大大学院修了後,帰国。ミシガン大,のちスタンフォード大の客員教授をつとめる。平成2年夏目漱石の「明暗」の続編を「続 明暗」で創作し,芸術選奨新人賞。7年2作目の「私小説―from left to right」が野間文芸新人賞。15年には3作目の「本格小説」で読売文学賞。21年「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」で小林秀雄賞。24年「母の遺産 新聞小説」で大仏(おさらぎ)次郎賞。夫は経済学者の岩井克人。東京都出身。エール大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

水村美苗の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水村美苗の関連情報