コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水村美苗 みずむら みなえ

1件 の用語解説(水村美苗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水村美苗 みずむら-みなえ

1951- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和26年生まれ。12歳で渡米。エール大大学院修了後,帰国。ミシガン大,のちスタンフォード大の客員教授をつとめる。平成2年夏目漱石の「明暗」の続編を「続 明暗」で創作し,芸術選奨新人賞。7年2作目の「私小説―from left to right」が野間文芸新人賞。15年には3作目の「本格小説」で読売文学賞。21年「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」で小林秀雄賞。24年「母の遺産 新聞小説」で大仏(おさらぎ)次郎賞。夫は経済学者の岩井克人。東京都出身。エール大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水村美苗の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎重兼芳子三田誠広宮原昭夫阿部陽一石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水村美苗の関連情報