コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水村美苗 みずむら みなえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水村美苗 みずむら-みなえ

1951- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和26年生まれ。12歳で渡米。エール大大学院修了後,帰国。ミシガン大,のちスタンフォード大の客員教授をつとめる。平成2年夏目漱石の「明暗」の続編を「続 明暗」で創作し,芸術選奨新人賞。7年2作目の「私小説―from left to right」が野間文芸新人賞。15年には3作目の「本格小説」で読売文学賞。21年「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」で小林秀雄賞。24年「母の遺産 新聞小説」で大仏(おさらぎ)次郎賞。夫は経済学者の岩井克人。東京都出身。エール大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

水村美苗の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水村美苗の関連情報