水素メーザー(読み)すいそメーザー(英語表記)hydrogen maser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素メーザー
すいそメーザー
hydrogen maser

中性の水素原子原子線を用いたメーザー。出力はアンモニアメーザーなどに比べて弱いが,スペクトルの幅が狭いので 10-13 程度の周波数安定度が得られ,周波数標準として使われる。水素原子の基底状態がもつ超微細構造の準位 F=0 と F=1 のうち,F=1 だけを原子線のまわりに置かれた多極磁石を用いて集束し,空洞共振器に入れる。誘導放出により水素原子は F=1→F=0 の遷移を行い,14億 2040万 5751.7864Hzのマイクロ波を連続発振する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水素メーザーの関連情報