空洞共振器(読み)くうどうきょうしんき(英語表記)cavity resonator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空洞共振器
くうどうきょうしんき
cavity resonator

マイクロ波共振器。金属で囲まれた空洞マイクロ波の周波数や波長を精密に測定するために空洞波長計として用いられる。共振により内部に生じる強い電場で荷電粒子を加速する粒子加速器などの用途もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

空洞共振器【くうどうきょうしんき】

導体の壁面で囲まれた中空のマイクロ波共振回路。マイクロ波に対してはコイルコンデンサーを組み合わせた共振回路は役に立たないため,金属壁で囲まれた種々の形の空洞が用いられる。空洞の寸法で最低の共振周波数が決定され,鋭い周波数特性(Q値)を示す。マイクロ波の波長計フィルタークライストロン等に応用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くうどうきょうしんき【空洞共振器】

マイクロ波の共振器として用いる金属製の中空の箱。共振周波数は空洞の形や大きさで決まる。マイクロ波の発振・増幅、波長計・フィルターなどに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android