コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空洞共振器 くうどうきょうしんきcavity resonator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空洞共振器
くうどうきょうしんき
cavity resonator

マイクロ波共振器。金属で囲まれた空洞マイクロ波の周波数や波長を精密に測定するために空洞波長計として用いられる。共振により内部に生じる強い電場で荷電粒子を加速する粒子加速器などの用途もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くうどう‐きょうしんき【空洞共振器】

金属などの導体壁で囲まれて空洞になっている、マイクロ波用の共振器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

空洞共振器【くうどうきょうしんき】

導体の壁面で囲まれた中空のマイクロ波共振回路。マイクロ波に対してはコイルコンデンサーを組み合わせた共振回路は役に立たないため,金属壁で囲まれた種々の形の空洞が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くうどうきょうしんき【空洞共振器】

マイクロ波の共振器として用いる金属製の中空の箱。共振周波数は空洞の形や大きさで決まる。マイクロ波の発振・増幅、波長計・フィルターなどに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空洞共振器の関連キーワードクライストロン水素メーザー速度変調管線形加速器フィルタータウンズ量子バスメーザー波長計振動発振

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android